事故車両は専門の買取業者に買い取ってもらおう

男性と女性
  1. ホーム
  2. 壊れた車を手放し方

壊れた車を手放し方

乗用車

手続きの流れ

廃車の予定が決まったら業者を呼んで、手放す予定の車の状態を直接査定員に調べてもらいます。この時提示された見積りで問題なければ、次はいよいよ廃車の手続きに入ることになるはずです。まず廃車の買取手続きをする際は、そのために必要な書類を用意しておきましょう。もし業者に任せる場合は、発行してから三カ月以内の印鑑証明書と車検証それにナンバープレートが必要です。これ以外にも、本人確認書類として運転免許証とあればリサイクル券や自賠責保険証を用意します。ちなみに車検が切れている状態では自賠責保険証はいらないので、その場合は用意する必要はありません。他にも所有者が別にいる場合は、本人に署名押印してもらった委任状を用意しておきましょう。この時使う委任状や譲渡証明書は、業者のサイトからダウンロードできるのでそれを使うと便利です。ちなみにこれは普通自動車の手続き書類で、軽自動車では印鑑証明やナンバープレートを用意する必要はありません。また車検証の住所と印鑑証明の住所が異なる場合は、住民票や戸籍の附票等を一緒に求められるのでそれも用意しておきます。書類は査定当日までに用意できなければ、後日改めて業者に送ることもできるので間に合わなければそれでもかまいません。そうなりそうなときは、あらかじめ必要書類の用意が遅れる旨を業者に伝えておくとスムーズです。後は保険会社に連絡をして、保険の払い戻しの手続きをすれば廃車の買取理は終了です。